Webサーバーの基本的な役割を分かりやすく解説

サーバー内の特定ディレクトリを公開

Webサーバーの役割を一言で言うと、サーバー内の特定のディレクトリを公開して、ブラウザ等でアクセスできるようにするのがWebサーバーです。

視覚的に分かりやすいようにMacのFinderの画像で説明します。

左サイドのユーザー【neo】の中には、

  • アプリケーション
  • ダウンロード
  • デスクトップ
  • パブリック
  • ピクチャー
  • ミュージック
  • ムービー
  • 書類

というフォルダーがあることが分かります。

例えば、この中の【ダウンロード】フォルダだけを一般に公開したいという時にWebサーバーを利用します(※ macOSで実際にWebサーバーを提供する訳ではありません)。

MacやWindowsのようなGUI(Graphical User Interface)ではフォルダ、CUI(Character User Interface)ではディレクトリと言います。

ドキュメントルート

Webで公開するディレクトリのことをドキュメントルート(Document Root)と言い、Webサイトを構成するHTML、CSS、JavaScript、画像などのファイルを置きます。

ドキュメントルートは、Webサーバーの設定ファイルで指定します。

ApacheというWebサーバーでは以下のように設定します。

DocumentRoot "/home/boot.superusers.jp/public_html"

アクセス制限の機能

一般に公開しているドキュメントルートの中であっても、

一部のディレクトリやファイルは伏せておきたいというニーズもあります。

どのようにしてアクセス制限をかけるのか軽く説明します。

IPアドレスによるアクセス制限

例えば、WordPressのダッシュボードを例に挙げると、誰にでもアクセスされてしまうと困るので、以下のようにIPアドレスによるアクセス制限をかけることが多いです。

<Files wp-login.php>
    Require ip xxx.xxx.xxx.xxx
</Files>

xxx.xxx.xxx.xxx の箇所にアクセスを許可したいグローバルIPアドレスを記述します。

IDとPasswordによるBasic認証

WebサーバーにはBasic認証というIDとPasswordによる認証機能も備わっています。

<Directory "/home/boot.superusers.jp/public_html/secret">
    AuthType Basic
    AuthName "auth"
    AuthUserFile /home/boot.superusers.jp/.htpasswd
    Require valid-user
</Directory>

Basic認証を適用したいディレクトリを1行目で指定して、IDとPasswordを格納したパスワードファイルを4行目で指定しています。

パスワードファイルはApache付属のhtpasswdを使って作成します。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 【多段SSH】公開鍵認証で中継サーバー経由のログインが簡単!

  2. インターネットに繋いだサーバーで最初にやらなければならない設定

  3. Swapの中身を特定する方法

  4. Linuxを極めるならコマンドよりも〇〇が先だ!!

  5. お名前ドットコムのDNS設定方法