Superuserというユーザーについて

Superuserとは、コンピューターOSにおいて管理者権限を持つユーザーの総称。

ものすごく簡単に言うと、そのOS内で何でもできるユーザーのことです。

Superuserの権限でできること

サーバーの利用者には、OSに登録されたユーザーの他、Webサイトを閲覧する外部ユーザーも含まれます。

Superuserはこれら全てのユーザー権限やアクセスコントロールの他、以下のようなことができます。

  • OSのインストール
  • サーバー設定及び変更
  • サービスの起動・停止
  • ファイル等の作成、削除等
  • ファイル等の権限設定
  • サービスのアクセス制限
  • ログ(履歴)の管理

主な仕事

Superuserはその権限を使って、OS等のアップデートやセキュリティ対策、パフォーマンスチューニング、データ保全のためにバックアップ、サービスが滞りなく提供されているの監視など多岐に渡します。

何でもできるの裏側

このようなことを書くのは良くないかもしれませんが、何でもできるということは、

サーバーに保存された全てのメールを閲覧することもできますし、有料会員のみ閲覧が許されたWebデータにもアクセスすることができます。

許可なくこのようなことをすれば、どうなるか想像できますよね。 

Superuserの心得

LinuxやUNIX系OSでは、サーバーにログインする際は一般ユーザーでログインします。

管理者権限で直接ログインすることはできないように設定します。

権限が必要であれば、sudoコマンドを使って一時的に管理者に成り変わります。

sudoコマンドを初めて使うとき、以下のようなメッセージが表示。

$ sudo -s

あなたはシステム管理者から通常の講習を受けたはずです。
これは通常、以下の3点に要約されます:

    #1) 他人のプライバシーを尊重すること。
    #2) タイプする前に考えること。
    #3) 大いなる力には大いなる責任が伴うこと。

[sudo] [ユーザ名] のパスワード:

管理者権限を持たないユーザーがsudoコマンドを使えば、即座に管理者に通知されます。

大いなる力には大いなる責任

善意悪意に関わらず、たった一つのコマンドでデータを削除することもできるのがSuperuser。意図せず起こしてしまったミスでも、その責任は大きなものなのです。

タイプする前に考える

今からやろうとしている操作の結果は意図したものとなるのか、もしそうでなければ元に戻すことはできるのか、操作前の準備とチェックは絶対です。

決して脅すつもりはありませんが、Superuser歴25年を超えた今でも、緊張の余りreturnキーを押す指が震えることがあります

利用者のプライバシーを守る

サーバーに格納されるデータの種別を把握することは管理者の責務。しかし許可なくデータにアクセスすることは断じてなりません

日々知力を高めデータを守る側の存在であることを自覚しなければなりません。

Superuserの役割

Superuserの役割を簡単に書くと以下の2点になると思います。

  • 滞りなくサービスを提供し続ける
  • データを守る

とてもシンプルですね。

子を見守る親のような存在

付かず離れず異変を察知できる距離感を保ち、何かあれば全力で対応します。

サーバーはそれぞれに個性を持っていて可愛い存在なんです。

OSによって異なる呼称

OSによってその呼称は違い、LinuxやmacOSはroot、WindowsではAdministrator が管理者の権限を持ちます。

OSSuperuser
Linuxroot
macOSroot
WindowsAdministrator

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 【多段SSH】公開鍵認証で中継サーバー経由のログインが簡単!

  2. インターネットに繋いだサーバーで最初にやらなければならない設定

  3. Swapの中身を特定する方法

  4. Linuxを極めるならコマンドよりも〇〇が先だ!!

  5. お名前ドットコムのDNS設定方法