04-01 MariaDBのインストール

この講座はブログなどで使われているCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)のデータを格納するデータベースをインストールしてもらいます。

これまでのような講座の進め方ではなく「塾長からのオーダー」という、より実践的なやり方で進めていきます。

それでは早速、以下の3つのパッケージをインストールしてください。

MariaDBのインストール

MariaDBとはMySQLから派生したデータベースの一種です。

商用データベースで有名なOracle社に買収されたのを機に、MySQLのコードが永遠に無料であることを保証するために派生したのがMariaDBです。

インストールするパッケージ名

今回は、そのMariaDBをパッケージからインストールしてもらいます。

インストールするパッケージは以下の3つ。

  • mariadb
  • mariadb-devel
  • mariadb-server

インストールをしようとすると、以下のようにPerl系のパッケージも同時にインストールされます。

===============================================================================================
 Package                          アーキテクチャー
                                                  バージョン               リポジトリー   容量
===============================================================================================
インストール中:
 mariadb                          x86_64          1:5.5.64-1.el7           base          8.7 M
 mariadb-devel                    x86_64          1:5.5.64-1.el7           base          755 k
 mariadb-server                   x86_64          1:5.5.64-1.el7           base           11 M
依存性関連でのインストールをします:
 perl-Compress-Raw-Bzip2          x86_64          2.061-3.el7              base           32 k
 perl-Compress-Raw-Zlib           x86_64          1:2.061-4.el7            base           57 k
 perl-DBD-MySQL                   x86_64          4.023-6.el7              base          140 k
 perl-DBI                         x86_64          1.627-4.el7              base          802 k
 perl-IO-Compress                 noarch          2.061-2.el7              base          260 k
 perl-Net-Daemon                  noarch          0.48-5.el7               base           51 k
 perl-PlRPC                       noarch          0.2020-14.el7            base           36 k

トランザクションの要約
===============================================================================================
インストール  3 パッケージ (+7 個の依存関係のパッケージ)

総ダウンロード容量: 22 M
インストール容量: 114 M
Is this ok [y/d/N]: y

MariaDBサーバーの起動

インストールが完了したら、MariaDBサーバーを起動してください。

MariaDBサーバーのユニットファイルは以下のディレクトリにあります。

/lib/systemd/system/mariadb.service

もし起動の仕方が分からない場合は、Apacheソース版の起動を復習してください。

firewallの設定は不要

MariaDBは外部から直接接続させることはしないのでファイアウォールの設定は必要ありません。

MariaDBの自動起動設定

サーバーを再起動した時に、MariaDBが自動起動するように設定してください。

自動起動させるためには、どうすればいいのか覚えていますか?

sudo systemctl enable mariadb

自動起動するようになっているのか確認する方法は、

sudo systemctl status mariadb

systemctlコマンドのstatusオプションで確認でしたね。

動画講座 MariaDBのインストール後に行うこと

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 【多段SSH】公開鍵認証で中継サーバー経由のログインが簡単!

  2. インターネットに繋いだサーバーで最初にやらなければならない設定

  3. Swapの中身を特定する方法

  4. Linuxを極めるならコマンドよりも〇〇が先だ!!

  5. お名前ドットコムのDNS設定方法